シェアハウス

外国のドラマではシェアルームの楽しいそうな光景がシーンの随所で出てくるので、憧れを持つ人もいるでしょう。
外国で多かった居住スタイルなのですが、昨今、日本でも共同生活の重要さとして注目されています。
日本の場合、土地が高いこともあり、家賃面でやむを得ずそのスタイルを取っている人も多いのですが、共同生活を好む人が増えているのも事実です。
そこで、共同生活のスタイル、シェアハウスとルームシェアについて、その特徴や違いなどを見ていきましょう。


厳密な違いが分からない方も多いですが、共同生活をするということには何ら変わりはありません。
最も大きな違いは、管理形態が異なるということです。
ルームシェアには管理人がいないことが多いです。
シェアハウスはその家の主や管理人が存在しています。
とはいえ、共同生活者にとってはそこまで重要な差ではないですね。
ルームシェアとは、1つの部屋をシェアして使うということです。
その部屋にはバス・トイレ、台所などは1つしかないので共有して使うということです。
家族以外の人、友人や知人、全く知らない他人と共同生活することを指します。


一方、シェアハウスとは、またの名をゲストハウスとも呼ばれ。
1つの家をシェアして使う方法です。
シェアルーム同様、共有スペースはシェアなのですが、シェアハウスでは場合によっては、個室の部屋を得られることができます。
どちらにも言えることは、家賃の負担が軽くなることや人との関わりができることがメリットとして考えられます。


<推薦リンク>
女性が安心して共同生活することが出来るシェアハウスの物件情報サイトです・・・シェアハウス 女性